「ベトナム」カテゴリーアーカイブ

ホーチミン出張も今日までで、明日からはバンコクです。

12月4日より昨日12月15日までの約2週間、タイで働く旅行会社よりホーチミンのパートナー企業との共同企画に関する業務で出張していました。と言っても今日は移動日なので正確にはまだホーチミンにいてタンソンニャット空港で、このブログを書いています。

ホーチミン出張生活はホテル暮らしだったのと、タイの日々の業務(メール返信は除く)以外は全くしなくて良かったので、アフターファイブもしっかりあって非常に快適でした。ずっと出張状態でもいいくらいです。

パートナーシップ企業は色々とあるので伏せておきますが、会社があった場所はホーチミンの鉄道駅であるサイゴン駅より徒歩10分くらいです。いわゆる駅近の好物件です。日本でならですが。バンコクと同じで国営鉄道は、中長距離の旅客運送がメインなので駅近ですが列車で通勤をしていると言う社員の方はゼロと言っていました。また社員の方と何度か食事を行きましたが、列車通勤をしている人の話を聞いたことがないということでした。

ちなみにホーチミンにあるのにサイゴン駅というか知っていますか?
フランス植民地時代に作られたベトナム南北線(ハノイとホーチミンを結んでいる)の終着駅であるサイゴン駅は、ベトナム戦争後にサイゴンがホーチミンへと変わりましたが、駅名はそのまま残されたそうです。理由はなんともわかりませんでした。

「勉強と同時に働きなさい」ジョブエキスパートからのアドバイス

ホーチミンシティー・オープン大学の三年生、Tran Thi My Linhさんは、観光学部の学位取得に励む一方、数々のアルバイトをこなしてきました。

受付係をしたり、小さなレストランでウエイトレスをしたり。お金を稼げたというだけでなく、さらに価値ある仕事の経験を積むことができたのです。これらの経験により、卒業後、フルタイムの仕事につくのが楽になるようにと願っています。

アルバイトの仕事を探すのは、そんなに難しくありませんと、Linhさんは言います。加えて、普段は大学の授業に出る必要がないとき、午後や夕方に働いていたそうです。

「そうした仕事では、人とコミュニケーションをとったり、人に対応したりすることや、仕事上での問題解決法を教わりました」

経験があれば、仕事に応募する際に、よりよい仕事を得られるであろう――Linhさんも、そう気づいている多くの学生のうちの一人でしょう。

ホーチミン・シティー大学の教育学部のとある三年生は、学生にはアルバイトの仕事の選択肢がたくさんあると言います。

「私は英語を専攻しています。そのため、ホテルやコンベンションセンターなどが企画する展覧会や、フェアや、イベントなどでの通訳の仕事に応募しています」

ヒューマンリソース(HR)のエキスパートは断言します。試験をパスする勉強をしてきただけの学生より、仕事の経験を積んできた学生のほうが、卒業後、就職に有利になるのです。

キャリアリンクのヒューマンリソースディレクター、Ms.Linhはメディアでこう述べています。今年の上半期に求人用ウェブサイトに広告を載せた74%の事業では、就労経験があり、かつプロの技術を大学で習った、新卒の学生を募集しているそうです。

キャリアリンクは、careerlink.vnというサイトを運営していて、オンラインの採用募集などを提供しています。
8月13日にホーチミン・オープン大学で行われたキャリアデイで、Linhは、仕事経験を積むための一般的な方法は、たくさんの会社の提供するインターンシップをすることだと述べました。そういった会社は、二年生や三年生の学生をインターンとしてほしがっていますが、なかなかうまくいかないそうです。
「学生は、会社でのインターンシップの機会を、最終学年まで待っていてはいけません。大学での勉強中に、なるべく早めにインターンにつけば、その分経験を積むことができますし、労働市場で勝ち残るためのソフトスキルを習う環境ができます」

サコムバンクのヒューマンリソースディレクター、Nguyan Thi To Uyenは、学生はインターンシップを、自分がどの職業に適性があるのかを判断する機会だと考えるべきだと言います。過去と違い、多くの会社は、大学や専門学校を訪れ、学生にインターンを進めるためのプログラムを提供し、「イニシアチブを取っている」とNaguyanは言及しています。また、金融銀行学部の三年生は、サコムバンクのサコムバンク・セメスターと呼ばれる5、6か月のプログラムに参加できるそうです。このプログラムでは、学生は銀行の正社員のアシスタントを務め、6か月もすると、銀行の仕事について深く理解できるでしょう。そしてこの仕事が好きかどうか、価値を見定めることもできます。

キャリアデイのイベントのポスターには、NECベトナム株式会社や、DHLサプライ・チェーン・ベトナム有限会社、サントリーペプシコ・ベトナム・ビバレッジ、TP&Pテクノロジー株式会社などの多くの有名企業が、三年生や四年生のインターンを探していると書かれていました。ポスターには仕事内容の記載もありました。

例えば、TP&Pテクノロジー株式会社では、インターンは、技術リーダーから、訓練や実行すべきタスクを受け、新しい製品やテクノロジーをリサーチする機会を得られます。

企業は同様に、英語のコミュニケーションスキルを持った学生も探しているように見えます。

キャリアリンクのLinhは、英語は、学生が労働市場という競争において、成否を分ける決定的要素だと言います。

Linhは言います。「学生が英語によるコミュニケーションを学ぶことを考慮すべきなのは必須です」

人材需要予報労働市場センターの社長代理、Tran Anh Tuanは言います。多くの学生は十分な英語のコミュニケーションスキルを持っていません。このことで、労働市場におけるベトナムの労働者の地位が下がってしまうのは、よくある問題です。

「数ある外資系企業は、私たち世代を『ゆとり世代』だとよく文句を言ってきます。それは新卒者が成功する足かせになっています」とTuanは言います。

また、サコムバンクのUyenは、学生や新卒者に、どの企業に入ったとしても、勤勉と我慢強さを身につけなさいとアドバイスしています。

たくさんの機会があるので、特定の仕事だけにこだわる必要はなくなるでしょう。もっと条件の良い企業に転職するのは、よくあることです。しかし、それは仕事やキャリアに対する情熱が芽生えていないということを示しています。

Tuanは言います。「初心を忘れるべからず。それは仕事に強く立ち向かい、成長すべきだということを意味しています」

「よいスキルを身に着けた人、すなわち英語スキルと、ソフトスキルを持ち合わせた人は、絶対に仕事を失うことはないでしょう」

ベトナムビザのタイプと取得方法

ベトナムビザのタイプと取得方法
近々、アジアを旅行したり、ビジネスやレジャーでベトナムを訪れる予定はありますか?ベトナムは素晴らしいアトラクションの宝庫です。ハロン島の石灰岩でできた絶壁。緩やかに起伏しているサパ・グリーンヒルズから、歴史的建造物であるクチの地下道。そして赤い帆のジャンクボード(中国の平底帆船)の、ワクワクする乗り心地。ざっと例を挙げるだけでも、こんなにあります。しかし複雑なこの国への旅行計画を立てる前に、ビザを取得する必要があります。違うタイプのベトナムビザについてと、どうやったら最も簡単に取得することができるかを、ここでは考えていきます。

ベトナムビザの種類

1.Eビザ
ベトナム大使館で取得できる従来の紙ベースのビザに替わるのが、電子ビザです。法的なウェブベースの書類で、ベトナム入国管理局で認可されています。実際に大使館で差し出す代わりに、オンラインでのビザの登録申し込みが可能です。Eビザは、一度につき一回だけ登録できる書類で、一回限りしか使えません。一か月という有効期限が設定されていて、40か国のみで入手可能です。

2.オンラインビザ
オンラインビザは国際的な旅行エージェントに、ウェブ上で申し込むことができるものです。ほとんどのオンラインビザの取得サービスは、大使館でビザの申告を待つよりも簡単で便利です。旅行会社は、ほかに、ベトナム旅行の経験や、目的地などにも精通しています。

3.現地で受け取るベトナムビザ
ベトナム現地で受け取るビザを、便利に取得する方法です。ビザは、一旦ベトナムに到着後、発行されます。通常、旅行や休暇をすごす目的で来ている人に渡されます。ベトナムではワーキングビザの取得は、必要書類一式を持って、国の大使館を訪れることが義務付けられています。しかしショートトリップに関しては、旅行会社から、現地到着後のビザの手配を、いつでも受けることができます。申し込み手順に関しても、安上がりなビザです。

4.ベトナム旅行者用ビザ
ベトナムのビザ政策は、旅行者用のビザは、国内の観光旅行の目的で来る人々の登録を必要条件としています。旅行用ビザは部署のC1カテゴリーの分野になり、他国からの旅行者に適用されます。C2ビザを使うこともでき、親戚の元を訪れたり、研究を進める目的での人達へ適用されます。旅行者用ビザでの滞在有効期限は3か月となります。豊かなベトナムの文化や、料理を楽しみ、ノマド的なライフスタイルを満喫するには、十分でしょう。

ベトナムビジネス用ビザ
ビジネス用ビザは、ビジネスに関連した目的で入国する人に発行されます。通常、滞在有効期限は短いです。このタイプのビザは、入国管理局によってB2かB4に暗号化され、最大でも6か月から12か月です。もしベトナムのビジネスビザ取得を考えているなら、大使館を訪れるか、旅行会社に情報を求め、事前に何が必要か、把握しておく必要があるかもしれません。

ベトナムビザの取得
基本的に、ベトナム以外の国々から、ビザを取得する方法は2種類です。ベトナム大使館か、到着後、きちんとした旅行会社を介して取得するかです。

ベトナム大使館でビザを申し込むための手順
ベトナム大使館でのビザの申し込み手順は、他の大使館と実質的に同じです。大使館に出向き、面と向かって必要書類を手渡すか、メールで送ります。最初は、大使館に行く前に、オンラインか、プリントアウトした登録フォームを記載することが求められます。

*ビザの手続きの有効期限は、大使館や担当者によって変わりますが、通常1週間以内です。

オンラインで手続きする方法
大使館や領事館に出向くより簡単なのが、事前に手配済みのオンラインビザをベトナムで受け取る方法です。オンラインの登録方法は、旅行に行く事前に調べて、準備し、提出しましょう。このプロセスは大使館での登録と似ています。しかしこの場合は、時間があるときに、家か職場でインターネットを通じてできるものです。

一旦、旅行会社のポータルサイトから、次に挙げる必要書類を用意し、ベトナム到着後、ビザを手に入れましょう。

・旅行会社が事前にeメールで送ってくれた承認レター
・最近とったパスポートサイズの自分の顔写真2枚
・ビザのスタンプの支払金。USドルが好ましい。
・パスポート

到着後のビザは、ハノイ、ダナン、ホーチミンの国際空港でのみ発行されます。国境を越えて地続きで入国した場合、このタイプのビザは発行してもらえません。

ベトナムは、ビザ政策が厳しいことで知られています。そのため重要なのは、旅行前に、適切な手配がなされているか確実に確かめることです。

ベトナム旅行を賢く楽しむための5つの方法

ベトナムのGDPは約6%が観光業によるものです。飛行機で入国する乗客は、海外からのインバウンド旅行だと言え、少なくともそのパーセンテージに達しています。ヨーロッパのバックパッカーは空港の移民の行列をうめつくしています。多くはマンダリン・チャイニーズだと考えられるでしょう。実際、昨年、中国はベトナムの外国人旅行者数のトップを占めています。また中国は証拠として、今年の1月から7月の間に、2200万人の人が訪れたという声明を発表しました。

この東南アジアの国では、フランス風の都会的な街並みや、南国のビーチ、hill tribe treksや、共産主義者の風刺画などが、人々の魅力を引き付けています。しかしそれだけたくさんの人が訪れるにも関わらず、型にはまった決まり文句ばかりのガイドブックを眺めているだけでは、家に帰っても土産話の一つもできないでしょう。

1.到着時のビザの取得
ベトナムでは、飛行機で来る旅行者は、vnやVietnam-evisa.orgなどの旅行エージェントが事前に手配してくれる場合に限り、ビザを手に入れることができます。エージェントは、手数料として、15ドルから20ドル要求してきます。確認書を事前にプリントアウトすれば、旅行の前に送ってくれます。またパスポートサイズの写真と、先ほどと同額の手数料を、空港に持っていくようにしましょう。オンラインのエージェントなら、その金額を教えてくれるはずです。

追記:ベトナムビザのお問い合わせや、このページへのアクセスが多かったので別にページを作成しました。「ベトナムビザのタイプと取得方法」をご覧ください。

2.ピーク時をはずしてホテルを予約すること
もし時間があるなら、ハノイやホーチミン市といった、二大主要都市の中心のホテルの、ウインドウショッピングに出かけてください。3,4ブロック先のホテルが混んでいるようでも、7,8ブロック先までとはいかないでしょう。中国の旧正月のような、主な休暇シーズンで、旅行者がなだれこんでこない限り、空きは見つかるはずです。ホテルにはおそらく、例えばルーフトップバーなど、何かしらの追加のサービスや施設がついています。しかしインターネットはないかもしれません。事前に予約してしまうと、ひとつの目立つホテルにしぼられてしまいます。一方、自分の足で見つけた、近隣のホテルは、新しかったり、素敵だったり、安かったりもするかもしれません。もしくはそれらの要素が全部つまっているでしょう。

3.旅行者のいない地域にある店
コーヒー、レストラン、ビール、そしてお土産は、ハノイとホーチミン市のフランス風の地域に密集しています。ハノイの歴史的な湖、ホエンキアム湖は、その地区の同じ地域の上部にあります。ホーチミン市では、戦争証跡博物館や、ノートルダム教会などが、ホーチミン市1区のおびただしいホテルや、主要な旅行者用の市場から、楽に手の届く場所にあります。

しかし同じクオリティのレストランは、旅行者の行かない場所にもあります。たいてい勘定も安く、地元の値段です。そういった違う地域のマーケット区間では、旅行者の訪れる区間で飲むより、皆が安く飲みたいと思う値段で、コーヒーの袋が売られていたりします。旅行者用区域では、カラフルな洋服を手に入れることもできるでしょうが、そこではさらに安いのです。地元民たちは、こうした旅行用ではない地域で、あなたがた旅行者に目を付けるかもしれません。この旅は、新たな国でこそ、本当の意味で繰り広げられるということを覚えておいてください。

4.地元民用のクラブを探して
Tripadvisor.comなどの旅行用ウェブサイトに表示される、ジャズバーやカラオケクラブは、中流階級の一般のベトナム人たちが、仕事の疲れをいやし、リラックスするため、外国人の出資により作られました。

それらの店はホーチミン市の、金融センターの横道にあるので、一般の旅行者たちは、見逃してしまいます。夜は、そのようなクラブには、旅行者は立ち入ることができないため、たくさんのお土産を買うかわりに、友達に手紙を出して、家に帰りたいと伝えたくなってしまうでしょう。いくつかのウェブサイトでは、地元の友達を作り、現地を案内してもらうことができます。ここではそういった地元民用ではないジャズバーなんかを教えてもらえます。それは、現在、たくさんの旅行者たちがおすすめしている、賢い選択かもしれません。

5.クラフトビールを飲もう
アメリカ国籍を捨てたジョン・リードは、3年前、ホーチミン市で、パスツール・ストリート・ブリューイング・カンパニーを設立しました。以前、ここで手に入るのは、安いアジアのラガービールだけだったので、それ以外の飲み物を飲みたいと思ったからです。食べ物と飲み物に関する、33歳のベテランは、他の飲み物の醸造のプロを呼んで、その製法に磨きをかけています。

現在、ホーチミン市にある、背中合わせのホテルの二つの酒場や、ハノイにある、このクラフトビールの醸造所では、パッションフルーツやジャスミンの味のするエールビールなど、12種類のビールを味わえます。パスツール・ストリートでは、ひと月に5件から10軒の、ベトナムの新しい配給先がどんどん見つかり、ビールファンのフォロワーを増やす一方、アメリカにもビールを輸出しています。

他の地元のビール醸造人は、リードの上流者向けの手段を模倣しています。彼らぬきでは、アジアのどこでも、誰でもが飲める、ありふれたラガービールにしかありつけないでしょう。

ベトナムの労働者事情

労働省、ベトナム労働・傷病・社会省(MOLISA)のレポートによると、今年の前期6か月間に、5万7千人のベトナム労働者が海外に派遣されたそうです。前年度の同じ時期に比べると、6.08%増加しています。

ベトナムがターゲットにしているのは、韓国や、台湾のような高いスキルの求められない、簡単な仕事のマーケットです。MOLISAは、タイで、ベトナム人の労働者が住み、合法的に働くため、労働者たちに有利な条件を作りだすよう要請しました。労働者の仕事内容といえば、レストランやホテルでの、使用人やボーイ、建設現場や牛の食肉処理場のオーナーや労働者への、商品の販売人などです。

Sai Gon Polytchnic&Economics Collegeの前校長、Pham Phoは、ベトナムは、国内で働く労働者の訓練に、もっとフォーカスすべきだと言います。国の生産性を高め、海外の投資家のために働き、国の発展を助けられるような、資格を備えた労働者を生み出すことが必要だと述べています。もし海外の投資家が地元労働者に満足すれば、ベトナムでのプロジェクトにもっと投資してくれるでしょう。

Phamは言います。「ベトナムは、できる限りの労働者を海外に送り、現地通貨を稼ぐよう試みているにすぎない」

「スキルのない労働者ができるのは、簡単な仕事だけで、待遇もあまりよくない。これではスキルを備えた数少ない労働者たちが、ベトナムに帰りたくなくなってしまう」

「スキルのない労働者を海外に送る政策は、永久には続かないでしょう。ただの一時しのぎの解決策のように見えます」

「国内の労働者は、高いスキルを得るための訓練を受けるべきです。もし海外投資事業で働くとしても、ハイスキルの労働者は、国内の発展に貢献してくれるでしょう。しかしもし彼らが海外で働くとなったら、他の国を裕福にする手助けをするだけになってしまうでしょう」

「スキルがないせいで、ベトナム労働者はいつでも搾取されかねません。もし海外の雇用主が、ベトナム労働者を雇う必要がなくなれば、労働者は解雇され、手ぶらでベトナムに戻らざるをえないでしょう」

専門家でもあるPhamは、職業学校がMOLISAのコントロール下に置かれている、現在の政策を非難しています。

「MOLISAはハイスキルの労働者が訓練を受けられる場ではありません。ただ単に労働者が使われる場です」彼はそれに加えて、専門学校は、職業訓練省(MOET)の管理下に置かれるべきだと言います。

2016年4月時点で、ベトナムには1465の職業訓練の受けられる場があります。うち189か所は大学で、279は中等学校(小学校と大学の間の学校)、残りは997の施設です。

サイゴンの路上撤去キャンペーンは、いかにして路上ビジネスを排除するかにある

現在、サイゴンの地元当局は、混雑した賑やかな歩道で、一か月にわたって、積極的な路上撤去キャンペーンを目的としたキャンペーンを実施しています。

この市を訪れる誰もが知ってのとおり、混雑した歩道を歩くことは、最もしたくないことのひとつのようです。露店やオートバイの路上駐車が、道を占領しているからです。道を歩いている人はそんなにいません。市の中央まで、ブラブラと道沿いに歩くとすれば、まるで、しょっちゅう障害物競走をしているかのように感じられるでしょう。

当キャンペーンは、1区人民委員会のドアン・ゴック・ハイ副主席により打ち出され、実行されました。彼は明白に、個人で職員のチームを率い、視察旅行を行っています。彼は真剣に歩行者用スペースを取り戻す努力をしており、この状況をどうすることもできなかった場合、辞任を表明すると約束しました。

しかし、市内には1000人もの路上商人がいて、そのすべてが生計を立てられるか疑問視されています。そのほかにも、歩道の隅にはびこる食べ物や飲み物の商人も、その市らしさを特徴づける大切な要素として、一役買っているのではないかという疑問の声が挙がっています。

路上でStreet Foodies Saigonを経営するベトナム系アメリカ人、Vinh Daoは、厳重な取り締まりは、街中で絶えずに行われているわけではないと言いました。

「歩きやすさを助長するという見解からすると、私たちが露店を営んでいることというのは、それほどのことではないと思います」と彼は言います。「実際、私たちのお客が、オートバイの駐車や他の無数の路上商売人により、思い切って道から外れて歩かなければいけないことも、旅行の醍醐味なのです」

しかし、キャンペーンは、主にレンガやモルタルの敷地内で、座って店を構えることのできる商人たちに適用されます。彼は、街のストリートフードシーンをアピールできることの喜びに際して、不安を抱いています。

「エネルギッシュで活気に満ちた、サイゴン独自のストリートフードシーンは、私たちのすべてのお客の目を惹きます。一方には、車が激しく行き交うサイゴンの道路があり、熱々のボウルに入ったフォー(米粉で作った平打ちの麺)を片手に、路上の隅に座っているというのも、なかなかオツなものですよ」

多くの路上商人の出店移転「区域」は、街の公園になりそうだとの提案があるという噂が広まっています。しかし、現時点では、多くのそういった場所では、一部のサイゴンの路上商人で、家を持つことができる人に限られるという話し合いがなされています。

ですが、一般大衆からは、このキャンペーンは、広く受け止められ、強く支持されています。話し合いは、ソーシャルメディアやコメントのスレッドで活発化しており、共通の言及としては、サイゴンは、よりシンガポールを手本にすべきだということが挙げられています。

ベトナムの人々は、この島国の、現代的で、小ぎれいで、秩序がある点を気に入っています。彼らにとっては、ベトナムの中流階級の急速な台頭は、自分たちの街や国にとって、大いにアグレッシブであるとして、称賛に値するものです。

とはいえ、もしこのプロセスが、街の特色である、たくさんの中から選ぶ楽しみを奪ってしまうとしたら、それは残念なことといえるかもしれません。

ダナンとハノイの新しいインターナショナルホテルへようこそ

近年、ダナンとホイアンの海岸線沿いで、別々のプロジェクトで進められている計画と、その建設が注目を集めています。一方、いくつかのプロジェクトは、様々な方面での実現の可能性があるといった段階で、市場は開発者からの強い関心が寄せられています。ベトナムのJILLによると、「宿泊施設やツアー産業が特に注目されています」とのことです。

近日オープン予定の、シャラトン・ホイアン・タムキー・リゾートや、基本計画中のホイヤナの統合カジノ開発には、ベトナム初のローズウッドホテルも含まれ、双方ともホイアンの南に位置しています。旅行者がアクセスしやすくなるよう、海岸線の長さがさらに広げられます。

やがてできる二つ目のカジノに加え、ホイアンの信頼性はさらに高まっています。2016年に新しく改装された、ホイアンのフォー・シーズンズ・リゾート・ナムハイでは、初めてゲストを招き、グループ初のベトナムの進出となりました。

ダナンはベトナムの中心にあり、経済の中枢を担っています。ホーチミン市やハノイのように、主には工業生産と製造業によって、近年、経済資産価値が高まっています。そしてテクノロジーに精通した労働者の評判を、徐々に獲得してきています。ベトナムのシリコンバレーだとも言われているダナンと、その周辺地区は、ベトナムの主なリゾート地の一つでもあります。

そのエリアには、ミーケービーチなど、海岸線の景色の素晴らしいビーチがあり、ダナンより100km圏内には、3つのユネスコの世界遺産があります。ホイアンの16世紀のシルクロードの貿易港、古代チャム族の文明が残るミーソン遺跡、かつての帝国であるフエ市などです。

この地域の他の観光スポットとしては、マーブルマウンテン、ハイヴァン峠、ソン・トラ・ペニンシュラ、バナ・ヒルズ・リゾートエリアがあります。ダナンには、モンゴメリー・リンクスを含む、たくさんの世界規模のゴルフコースがあります。ゴルフコースは、クラウン・プラザ・ホテルや、きたるべきJWマリオットの盛況なカジノにもつながっています。

ダナンと、隣接するクアンムル省では、観光業に焦点を当て、また主な経済拠点として協力し、地域を発展させていくことに合意しました。二都市は、フエの首都、トゥアティエン=フエ省の、「3つの都市、一つの目的地」計画にも参加しています。計画では、人気の観光グッズ、自然の中にある観光スポット、中心地区の歴史的、文化的遺産などを広めています。

ダナン国際空港など、国際的な航空産業もおおむね成長しています。ダナン空港では、最近新しいターミナルをオープンし、今年四半期で約650万人の到着が可能になりました。ダナン空港は、ハノイのノイバイ空港、ホーチミン市のタンソンニャット空港に次ぎ、国内で3つ目の大きい空港です。

空港の拡大は、ダナンが主催し、2017年11月に開催される、アジア太平洋経済協力会議(APEC)のサミットの準備の一環でもあります。JILLによると、「APECの主催により、全国的なMICE機能をさらに促進する、アジア発の経済国家の一つとしての、ベトナムの輝かしい成長に大きく焦点が集まるでしょう」とのことです。