「旅行」カテゴリーアーカイブ

タイのお正月

タイで働いていると、あまり日本のお正月を忘れてしまいます。形式的にお雑煮を作って食べたり、おせち料理を食べに行ったりということはしますが、それ以外のことになると、全然です。
タイでは新暦のお正月を祝うことは、年末年始のカウントダウンくらいです。今回はベトナムに行ったのでタイのことは、どうだったのかはわからないのですが、毎年そんなに派手なことをしているイメージはありません。
理由としてはタイにはタイ正月と呼ばれるタイ独自のお正月があります。これは4月の中旬に行われるもので、中国やベトナムのような旧暦のお正月とは異なります。暦としては仏暦と言われています。
ちなみに仏暦はタイでは、とても重要です。公的な書類などは仏暦で記されていることが多いです。年号に関してはとてもわかりやすいんで覚えていても良いと思います。西暦に543を加えたものが、仏暦の年数になります。今年は西暦2018年で仏暦は2461年という風になります。なんで543かというと、仏暦は仏滅紀元とも言われ、タイでは釈迦が入滅した翌年が紀元前543年だからです。
この仏暦が使用されているのは、すごい昔からだと思われがちですが、実際は1912年からなので、まだ100年少しくらいしか歴史がありません。西暦との日にちのずれがないので慣れればあまり気にならないと思います。

ブンタウのキャンピングイベント

ベトナムのブンタウと言うリゾート地では、今年の年末はキャンピングパーティイベントが催されます。

先日のホーチミン出張の折に、仲良くなったパートナーシップ企業に務めるベトナム人スタッフから、ホーチミンから3時間でいけるビーチリゾートで面白そうなイベントがあるから行かないかと誘われていました。

しかし、明日は出勤しないといけなくなってしまったのでお断りをすることになってしまいました。

ちなみにこのブンタウのキャンプイベントなのですが、期間は12月30日〜1月1日の3日間(2泊3日)で行われるため、カウントダウンパーティも含まれています。三日間のアクティビティは浜辺で行われる運動会のようなものばかりで何だか楽しそうです。また聞いているとキャンプは砂浜に泊まるようなので、夜も楽しめそうな気がします。

イベント情報サイトを見てたら、何だか行きたくなってきてしまいました。
明日の仕事を早く終わらせるべく事務仕事は今日中に終わらせて、夕方の便でホーチミンへ向いカウントダウンには間に合わせれればと考えています。

ちなみにタイには有名なビーチパーティがあります。それはパンガン島で行われるフルームーンパーティです。ほぼ毎月1回、満月の夜に行われているイベントで欧米人の旅行客をメインに盛り上がっているようです。旅行会社仲間の人には毎月のように行かれている方もおられるようですが、日本人にはそこまで馴染みがないのかツアーを行なっている会社は聞いたことがありません。ただ欧米人向けのパック旅行はあるようです。

女性のための冒険旅行

私はこれまで、女性に特化した、女性だけの旅行人口が増える以前から、世界旅行や冒険旅行の分野に注目してきました。この業界のパイオニアの一つとして、1982年設立のアドベンチャー・ウィメンと、長期にわたるリーディングカンパニーであるワイルド・ウィメン・エクスペディションズです。これらは四半世紀にわたり、女性に特化して対応してきました。
どちらもカナダを拠点とし、とても小さなスケールで始まった会社です。ただ人里離れたオンタリオ湖でのカヌー旅行にフォーカスしていただけでした。時代は変わり、何年かが経過したのち、専門知識を携えた人が、カナダの自然を通じて、この女性の小さな会社をリードしていました。いまやワイルド・ウィメン・エクスペディションズは、世界的な関心を惹くほど成長しています。そして、世界をまたにかけた旅行や、常に追加されるコンテンツで、自社のカタログを充実させています。今日では、世界のどこの旅行会社よりもさらに、アクティブな女性だけの旅行に出かける人からのオファーを獲得しています。

ワイルド・ウィメン・エクスペディションズ(野性的な女性たちの探検)という会社名にも関わらず、その中でもいくつかの旅行は、とても文明的です。この会社が誇るのは、すべての女性にとって、適性や能力には関係ない、オープンさととっつきやすさです。そこでの旅行には、特定のアクティビティーの初心者から、ハイレベルなその道の上級者までが、一同に集まるかもしれません。しかし基本は、初心者が親しみやすいようになっています。マルチスポットな旅行と静養先でのアクティビティーの種類は、ハイキングからヨガ、サイクリングからサファリ、乗馬などがくまなく網羅されています。ルーツをたどると、無数のウォータースポーツがあり、カヤックや、セーリング、サーフィン、そしてもちろんカヌーなども含まれます。ウェブサイトは小ぎれいにデザインされ、操作も簡単です。旅行のアクティビティーのタイプ、行きたい月や季節、そして目的地をサーチできます。現在は広く普及していて、アラスカやハワイが、アメリカでの唯一の目的地である一方、アメリカ大陸を余すところなくカバーしています。カナダ、メキシコ、そして中央、南アメリカまで網羅しています。また少しですがヨーロッパへの旅行プランもあり、さらにより遠方の冒険旅行先も設定できます。例えば、タンザニア、モンゴル、ネパール、タイ、ニュージーランドなどです。ワイルド・ウィメン・エクスペディションズでの旅行先は、2018年には、26か国になる予定です。

旅行のグループの規模は、多くの冒険旅行の会社のものと比べると、比較的小さいものになります。常に6人から12人、平均すると8人です。(旅行会社によっては、旅行者が20人を超えるところもあります。)ほとんどの顧客は一人ですが、通常カップルや友達とのペアで申し込む人たちもいて、母親と娘の参加者もいます。15歳以上のティーンエイジャーは、大人の付き添いが必要です。一人で旅行できる最少年齢は、18歳からです。参加者の平均年齢は、40代から60代の間です。ワイルド・ウィメン・エクスペディションズは、Women and Girls canoe tripsも開催していて、8歳の女の子も参加していました。

2010年以来、会社のオーナーであり、マネージングディレクターの、ジェニファー・ハドウは、公開されたニュースを通じ、こう発言しました。「ワイルド・ウィメン・エクスペディションズが提供するのは、他の女性たちのとの間で、限界に挑戦し、リスクを背負い、リーダーシップを獲得する機会を、女性たちに与えることです」共同のリーダーシップと、コミュニティー作り、環境に気づかうことは、会社にとって、3つの重要な要です。そして、自然の中で時をすごすことは、普段の生活の頑張りやせわしさの中で失われてしまいがちな、女性自らのプシュケー(魂、精神、心)を取り戻す手助けをするという、基本理念のもとに成り立っています。それと同時に、コンフォートゾーン(楽な領域)の先を行き、自信を高めることにつながるのです。