タグ: ジョブエキスパート

「勉強と同時に働きなさい」ジョブエキスパートからのアドバイス

ホーチミンシティー・オープン大学の三年生、Tran Thi My Linhさんは、観光学部の学位取得に励む一方、数々のアルバイトをこなしてきました。

受付係をしたり、小さなレストランでウエイトレスをしたり。お金を稼げたというだけでなく、さらに価値ある仕事の経験を積むことができたのです。これらの経験により、卒業後、フルタイムの仕事につくのが楽になるようにと願っています。

アルバイトの仕事を探すのは、そんなに難しくありませんと、Linhさんは言います。加えて、普段は大学の授業に出る必要がないとき、午後や夕方に働いていたそうです。

「そうした仕事では、人とコミュニケーションをとったり、人に対応したりすることや、仕事上での問題解決法を教わりました」

経験があれば、仕事に応募する際に、よりよい仕事を得られるであろう――Linhさんも、そう気づいている多くの学生のうちの一人でしょう。

ホーチミン・シティー大学の教育学部のとある三年生は、学生にはアルバイトの仕事の選択肢がたくさんあると言います。

「私は英語を専攻しています。そのため、ホテルやコンベンションセンターなどが企画する展覧会や、フェアや、イベントなどでの通訳の仕事に応募しています」

ヒューマンリソース(HR)のエキスパートは断言します。試験をパスする勉強をしてきただけの学生より、仕事の経験を積んできた学生のほうが、卒業後、就職に有利になるのです。

キャリアリンクのヒューマンリソースディレクター、Ms.Linhはメディアでこう述べています。今年の上半期に求人用ウェブサイトに広告を載せた74%の事業では、就労経験があり、かつプロの技術を大学で習った、新卒の学生を募集しているそうです。

キャリアリンクは、careerlink.vnというサイトを運営していて、オンラインの採用募集などを提供しています。
8月13日にホーチミン・オープン大学で行われたキャリアデイで、Linhは、仕事経験を積むための一般的な方法は、たくさんの会社の提供するインターンシップをすることだと述べました。そういった会社は、二年生や三年生の学生をインターンとしてほしがっていますが、なかなかうまくいかないそうです。
「学生は、会社でのインターンシップの機会を、最終学年まで待っていてはいけません。大学での勉強中に、なるべく早めにインターンにつけば、その分経験を積むことができますし、労働市場で勝ち残るためのソフトスキルを習う環境ができます」

サコムバンクのヒューマンリソースディレクター、Nguyan Thi To Uyenは、学生はインターンシップを、自分がどの職業に適性があるのかを判断する機会だと考えるべきだと言います。過去と違い、多くの会社は、大学や専門学校を訪れ、学生にインターンを進めるためのプログラムを提供し、「イニシアチブを取っている」とNaguyanは言及しています。また、金融銀行学部の三年生は、サコムバンクのサコムバンク・セメスターと呼ばれる5、6か月のプログラムに参加できるそうです。このプログラムでは、学生は銀行の正社員のアシスタントを務め、6か月もすると、銀行の仕事について深く理解できるでしょう。そしてこの仕事が好きかどうか、価値を見定めることもできます。

ベトナムの銀行サコムバンク(サイゴン商信銀行) *ベトナム語

キャリアデイのイベントのポスターには、NECベトナム株式会社や、DHLサプライ・チェーン・ベトナム有限会社、サントリーペプシコ・ベトナム・ビバレッジ、TP&Pテクノロジー株式会社などの多くの有名企業が、三年生や四年生のインターンを探していると書かれていました。ポスターには仕事内容の記載もありました。

例えば、TP&Pテクノロジー株式会社では、インターンは、技術リーダーから、訓練や実行すべきタスクを受け、新しい製品やテクノロジーをリサーチする機会を得られます。

企業は同様に、英語のコミュニケーションスキルを持った学生も探しているように見えます。

キャリアリンクのLinhは、英語は、学生が労働市場という競争において、成否を分ける決定的要素だと言います。

Linhは言います。「学生が英語によるコミュニケーションを学ぶことを考慮すべきなのは必須です」

人材需要予報労働市場センターの社長代理、Tran Anh Tuanは言います。多くの学生は十分な英語のコミュニケーションスキルを持っていません。このことで、労働市場におけるベトナムの労働者の地位が下がってしまうのは、よくある問題です。

「数ある外資系企業は、私たち世代を『ゆとり世代』だとよく文句を言ってきます。それは新卒者が成功する足かせになっています」とTuanは言います。

また、サコムバンクのUyenは、学生や新卒者に、どの企業に入ったとしても、勤勉と我慢強さを身につけなさいとアドバイスしています。

たくさんの機会があるので、特定の仕事だけにこだわる必要はなくなるでしょう。もっと条件の良い企業に転職するのは、よくあることです。しかし、それは仕事やキャリアに対する情熱が芽生えていないということを示しています。

Tuanは言います。「初心を忘れるべからず。それは仕事に強く立ち向かい、成長すべきだということを意味しています」

「よいスキルを身に着けた人、すなわち英語スキルと、ソフトスキルを持ち合わせた人は、絶対に仕事を失うことはないでしょう」