タグ: ビザ

ベトナムビザのタイプと取得方法

ベトナムビザのタイプと取得方法
近々、アジアを旅行したり、ビジネスやレジャーでベトナムを訪れる予定はありますか?ベトナムは素晴らしいアトラクションの宝庫です。ハロン島の石灰岩でできた絶壁。緩やかに起伏しているサパ・グリーンヒルズから、歴史的建造物であるクチの地下道。そして赤い帆のジャンクボード(中国の平底帆船)の、ワクワクする乗り心地。ざっと例を挙げるだけでも、こんなにあります。しかし複雑なこの国への旅行計画を立てる前に、ビザを取得する必要があります。違うタイプのベトナムビザについてと、どうやったら最も簡単に取得することができるかを、ここでは考えていきます。

ベトナムビザの種類

1.Eビザ
ベトナム大使館で取得できる従来の紙ベースのビザに替わるのが、電子ビザです。法的なウェブベースの書類で、ベトナム入国管理局で認可されています。実際に大使館で差し出す代わりに、オンラインでのビザの登録申し込みが可能です。Eビザは、一度につき一回だけ登録できる書類で、一回限りしか使えません。一か月という有効期限が設定されていて、40か国のみで入手可能です。

2.オンラインビザ
オンラインビザは国際的な旅行エージェントに、ウェブ上で申し込むことができるものです。ほとんどのオンラインビザの取得サービスは、大使館でビザの申告を待つよりも簡単で便利です。旅行会社は、ほかに、ベトナム旅行の経験や、目的地などにも精通しています。

3.現地で受け取るベトナムビザ
ベトナム現地で受け取るビザを、便利に取得する方法です。ビザは、一旦ベトナムに到着後、発行されます。通常、旅行や休暇をすごす目的で来ている人に渡されます。ベトナムではワーキングビザの取得は、必要書類一式を持って、国の大使館を訪れることが義務付けられています。しかしショートトリップに関しては、旅行会社から、現地到着後のビザの手配を、いつでも受けることができます。申し込み手順に関しても、安上がりなビザです。

4.ベトナム旅行者用ビザ
ベトナムのビザ政策は、旅行者用のビザは、国内の観光旅行の目的で来る人々の登録を必要条件としています。旅行用ビザは部署のC1カテゴリーの分野になり、他国からの旅行者に適用されます。C2ビザを使うこともでき、親戚の元を訪れたり、研究を進める目的での人達へ適用されます。旅行者用ビザでの滞在有効期限は3か月となります。豊かなベトナムの文化や、料理を楽しみ、ノマド的なライフスタイルを満喫するには、十分でしょう。

ベトナムビジネス用ビザ
ビジネス用ビザは、ビジネスに関連した目的で入国する人に発行されます。通常、滞在有効期限は短いです。このタイプのビザは、入国管理局によってB2かB4に暗号化され、最大でも6か月から12か月です。もしベトナムのビジネスビザ取得を考えているなら、大使館を訪れるか、旅行会社に情報を求め、事前に何が必要か、把握しておく必要があるかもしれません。

ベトナムビザの取得
基本的に、ベトナム以外の国々から、ビザを取得する方法は2種類です。ベトナム大使館か、到着後、きちんとした旅行会社を介して取得するかです。

ベトナム大使館でビザを申し込むための手順
ベトナム大使館でのビザの申し込み手順は、他の大使館と実質的に同じです。大使館に出向き、面と向かって必要書類を手渡すか、メールで送ります。最初は、大使館に行く前に、オンラインか、プリントアウトした登録フォームを記載することが求められます。

*ビザの手続きの有効期限は、大使館や担当者によって変わりますが、通常1週間以内です。

オンラインで手続きする方法
大使館や領事館に出向くより簡単なのが、事前に手配済みのオンラインビザをベトナムで受け取る方法です。オンラインの登録方法は、旅行に行く事前に調べて、準備し、提出しましょう。このプロセスは大使館での登録と似ています。しかしこの場合は、時間があるときに、家か職場でインターネットを通じてできるものです。

一旦、旅行会社のポータルサイトから、次に挙げる必要書類を用意し、ベトナム到着後、ビザを手に入れましょう。

・旅行会社が事前にeメールで送ってくれた承認レター
・最近とったパスポートサイズの自分の顔写真2枚
・ビザのスタンプの支払金。USドルが好ましい。
・パスポート

到着後のビザは、ハノイ、ダナン、ホーチミンの国際空港でのみ発行されます。国境を越えて地続きで入国した場合、このタイプのビザは発行してもらえません。

ベトナムは、ビザ政策が厳しいことで知られています。そのため重要なのは、旅行前に、適切な手配がなされているか確実に確かめることです。